天空の敷パット

千年以上の歴史がある、
美と健康を支える知恵「血の道療法」。

このメソッドが随所に施され、文字通り天空に舞うような、
重力のストレスを限りなく排除した寝心地が魅力の
敷パットが誕生しました。

寝ている間中めぐりを促し、
からだのバランスを整える新発想の寝具。

ぜひ未知の快適睡眠をご体感ください。



『天空の敷パット』は、日本に古くから伝わる秘伝の知恵「血の道療法」に基づき、四隅を盛り上げ、重力による負荷を軽減させる特殊な設計となっています。このまるでハンモックのような形状により、寝ている間中からだのめぐりを促し、からだのバランスを整えられるという機能性を兼ね備えているのが特長です。


あまり意識されていませんが、わたしたちは寝ているときも重力の影響を受け続けています。一般的に寝ているときの体重の負担は、全体の33%が背中、44%がお尻に掛かり、その付近の肩や腰のめぐりは妨げられやすいのです。寝るときに生じるからだに掛かる局所的な負荷はめぐりを圧迫させ睡眠の質を低下させる要因のひとつになります。



『天空の敷パット』は四隅を盛り上げることで、まるでハンモックでくつろいでいるような新しい寝心地でからだ全体を包み込む形になり、局所的に掛かった負荷が分散され、からだのめぐりアップを促します。



ハンモック形状の一番の仕組みはコレ!

『天空の敷パット』には、付属品として、4つの三角クッションがセットになっています。そのクッションを敷パットの裏面に入れることで、ハンモックのような包み込まれる形状を創り出しています。適度な弾力のあるフェザー100%のクッションが、ハンモック構造をキープ。

敷パットの四隅の裏面に三角クッションが入れられる設計。



古くから代々継承されてきた秘伝の知恵であり、呼吸を深くしてお腹まで酸素を取り入れて、からだの隅々へいきわたらせ、いつもきれいなからだで過ごすための知恵と方法です。

『天空の敷パット』は、その「血の道療法」の継承者である室谷 良子さんによって開発されました。寝ている間に、からだの「めぐりをよくする」ことと「ねじれをゆるめる」ことをコンセプトに手がけられ、「血の道療法」のメソッドによる眠りを追求された工夫が随所に盛り込まれた寝具が誕生しました。

また室谷さんは、『天空の敷パット』について、人がこの上なくリラックスできる体勢のひとつであるといわれる、「母のおなかにいる胎児のようなやすらぎに包まれる感覚」と形容されます。



まるでハンモックのように包み込む形は、からだの使い方のクセでできた「ねじれ」や「ゆがみ」、左右の重心のかたよりもゆるやかに緩めてくれるよう働きかけます。からだのバランスが整ってくると、自然に息が深く楽に吸い込みやすくなることでしょう。



『天空の敷パット』をはじめて目にしたとき、表面にほかの敷パットには見られないステッチがいくつも入っていることに気づくことでしょう。寝返りをうってもずれにくくするため、姿勢が決まりやすくなるためなど、それぞれの目的を持ったステッチがミリ単位で計算されて施されています。






『天空の敷パット』は、「血の道療法」を応用した技術に加え、敷パットに使われている繊維に「アスファ加工」が施されている点も大きな理由となって、相乗的な心地よさを演出しています。

触れているだけでリラックスを促し自己修復力をサポートしてくれる「アスファ加工」の繊維。その秘密は「サイモス60」という人間に癒しと活性化をもたらす周波数を応用した染料にあります。『天空の敷パット』の繊維にはこの染料が使用されており、すでにお使いいただいているお客様からは「触れているだけで癒される」「ずっと頬ずりしたくなる」といったお声が多く寄せられています。


この技術を開発した吉田房織物株式会社は、創業大正13年の長い歴史がある、全国でトップの毛布生産シェアを誇る大阪府泉大津の老舗メーカーです。「アスファ加工」の繊維は、そんな一流メーカーだからこそ生まれたオリジナルの技術なのです。

「サイモス60」とは。

全ての生命は周波数を発していて、それぞれ固有のパターンがあり、60種類のパターンに分類できることが研究によりわかりました。誰もがその中のひとつに当てはまり、同じパターンの周波数を受けると共鳴して癒され、活性化されます。60番目の周波数帯は1から59の全てのパターンに共鳴し、同様の作用が働くことがわかりました。これを活かした技術が「サイモス60」です。



天然素材を含め多くの種類を試した結果、一番安定して「サイモス60」を発したため、『天空の敷パット』にはアクリル繊維を採用しています。「アスファ加工」の繊維は、ずっと触り続けたくなるような滑らかさが特長で、長年寝具づくりに携わったプロたちも、他のアクリル繊維と違い、シルクの風合いと驚くほどです。

また、アクリル繊維は一般的に「静電気が起きやすい」「吸湿性が低く汗でべたつきやすい」という特性がありますが、それらのデメリットを克服しているのも注目すべきポイントです。

「アスファ加工」繊維の特長

  • シルクのような風合い
  • 静電気が起きにくい
  • 通気性が良い

開発者の声

ハンモックのような形が
めぐりを良くして
ねじれをゆるめる!

「血の道療法」 継承者
室谷 良子 むろたにりょうこ さん

 血の道療法のメソッドで、からだ中のめぐりをいかにサポートしてあげられるかを商品開発の重要なポイントとしています。睡眠は人間が生きていく中でも、機能回復や英気を養う大切な時間です。この時間を有効に活用できるよう『天空の敷パット』を開発しました。ポイントは眠っている間にめぐりを良くすることと、からだのねじれを緩めることです。
三角のクッションを四隅に入れることで敷パット全体にゆるやかな傾斜ができます。四隅が高くなることで敷パットが四方に引き上げられ「ハンモック」のような状態になります。これにより、仰向けに寝たときに腰や膝の裏にできる敷布団との隙間を軽減し、からだ全体を布団が包み込む形になります。仮に、何も敷かない平らな床で寝ていただくと、床と触れている背中やお尻に、重さの負担が掛かり、腰などの浮いているところは支えがないので無理が生じていることがわかるでしょう。さらに、左右どちらかに重心がかたよっている部分があることに気づく方も多いと思います。これがからだの使い方によってできた「ねじれ」です。『天空の敷パット』で寝ることで、点で支えられていたからだが面全体で支えられるので、負担が分散されてめぐりを促すことにつながり、ねじれも穏やかに緩めていきます。さらに、肩や足先の位置が高くなることで、末端に滞りがちなめぐりを循環させるよう働きかけます。介護の現場や寝る時間が長いご家族をお持ちの方にもお喜びいただいています。
肩や腕に疲れを感じるときや腰や脚のだるさや重さが気になるときは、三角クッションの上に腕や足を置いてお使いください。脚のムクムクや冷えが気になる方にもぜひおすすめです。


室谷 良子さんプロフィール

父方・母方に代々継承されてきためぐりの滞りを手当する方法「血の道療法」を研究・発展させた、フットケア療法を確立。 「一日の疲れをその日のうちに取り除き、健康なからだ作りをすること」を基本理念にからだの循環を良くするよう、フットケア・ハンドケア・爪のケア・顔のケアなどの手わざの口伝、伝承を行っている。 全国各地の養護学校・看護学校などでの指導を通じ、技術習得者は1500人を超える。 保健・看護・介護に関する研究では、日本統合医療学会などで成果を発表している。 また、『気めぐりレギンス』などの『気めぐり』シリーズのプロデュースをはじめ、医療機関やメーカーとともに開発も行っている。監修書・指導書に「ピクチャーブック 爪のケア・手足のケア技術」(看護の科学社)、「からだがスーッと楽になる全身ケア」(メトロポリタンプレス社)などがある。

室谷さんプロデュースのほかのアイテムをみる >

「血の道療法」継承者室谷 良子さんのご指導のもと、わたしたちスタッフが『天空の敷パット』に寝てみました!

室谷さんのご指示で、布団の高さを少し変えるだけで呼吸も楽になり寝心地も全然違うんです!まさに、血の道療法のノウハウが詰まった敷パットという感じですね。

三角クッションの盛り上がりに足を乗せると腰から脚全体の負担がスッと引きますね!普段は仰向けの体勢が辛いのですが違和感もなく楽でした。

※商品の体感には個人差がございます。

商品の仕様

生地
敷きパット本体<表側>
パイル糸(毛羽部分)…アクリル100%、地糸…ポリエステル100%
敷きパット本体<裏側>
ポリエステル…65%、綿…35%
三角クッション
ポリエステル65%、綿35%、詰め物…フェザー100%
お手入れについて
※本製品のお手入れについてはドライクリーニングにお出しください。ご家庭での洗濯は、わた切れの原因となりますのでお避けください。
※タンブラー乾燥(家庭用乾燥機など)は、お避けください。毛羽が絡まったり硬くなる原因になります。
※毛羽が乱れた場合、できるだけ目の細やかなブラシでやさしく毛羽を整えるようブラッシングされることをおすすめいたします。

よくあるご質問

仰向けに寝られないのですが、横向きやうつ伏せでも大丈夫ですか?
はい、大丈夫です。
横向きで構いませんが、ハンモックのようにからだを包み込むのが特長ですのでうつ伏せの体制はとりづらいかもしれません。敷パット中央に6cm間隔で伸びるステッチの幅は背骨がスッと納まりの良いようにつくられていて、仰向けに寝やすく、からだのねじれやゆがみもゆるやかに緩めるよう働きかけます。仰向けが苦手な方でも、『天空の敷パット』だと仰向けになれるというお客様がいらっしゃいます。からだに起きた左右のバランスの乱れを整えるよう働きますので、まずは仰向けに寝られることをおすすめします。
背の低い人や子ども、赤ちゃんは使えますか?
ぜひお使いください。
三角クッションを中央に寄せるようにして使われる人を囲むようにしてお使いください。またサイモス60は触れているだけで作用しますのでどなたにもお使いいただけます。
敷パットの上にシーツなどを敷いて使っても作用は同じでしょうか?
直接使われることをお勧めします。
敷パット表面のアクリル部分にアスファ加工が施された繊維が使われています。直接肌に触れることで、サイモス60の作用が発揮されます。体の一部(手や足)だけでも触れていることが作用を発揮できるポイントになります。
また、熟練した職人が長年の感覚で作り上げた風合いです。ぜひこの肌触りを直接触れて味わっていただきたいです。
マットレスにも使えますか?
お使いいただけます。
敷パットの裏面四隅に付いているベルトは、マットレスでもお使いいただけるよう長めの設計になっています。ですので、布団でもマットレスでもお使いいただけます。

『天空の敷パット』のポイントまとめ



『天空の敷パット』商品ページへ