ログイン 会員登録

暮らしカテゴリ
総合カテゴリ

ショッピングお役立ち情報

ポイント制度 企画一覧 レビュー大賞 お試し商品 ギフトサービス

特設ページ

ホ・オポノポノ イヤシロチ 地球を輝かせ隊 ロゴストロン エバメール化粧品

関連サイト

美習慣ラボ テラの輝き公式サイト よーこblog なんでも仙人サイト 公式企業サイト フェイスブック

セミナー情報

美と健康セミナー 元気アップセミナー    無料情報誌購読申し込み 偽サイトにご注意を

営業日カレンダー

2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
休業日
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
休業日

※休業日は、自動配信メール以外の確認メール、お問合せに対する返信、商品の発送業務等はお休みさせていただきます。ネットでのご注文は24時間365日お受けしております。

ようこそ
 

トップ > 暮らし・日用品 > エネルギーグッズ > 心珠 > 心珠の約束(ブレスレット)

心珠の約束(ブレスレット)
心珠の約束(ブレスレット)
拡大画像

心珠の約束(ブレスレット)

商品コード : AP002
価格 : 23,760 円(税込)
ポイント :712
数量
 

かごに入れる
  • 「友の会様価格」の表示サービスにつきましては、2017年8月1日より再開させていただきました。
    ※一部対象外の商品がございます。ご了承くださいませ。
    詳細につきましてはこちらをご確認くださいませ。

関連商品はこちら ※スクロールできます



商品情報|『心珠®の約束』のポイント解説!

アコヤ貝から生まれたありのままの「生珠」真珠に宝飾的な加工を施すことなくお届けする『心珠®』シリーズから、直接、真珠に触れることのできるブレスレット『心珠®の約束』が登場。ご自身本来の「色」と「輝き」を思い出し、その珠(魂)を解き放つために。手元で輝くブレスレットがご自身のありのままの美しさ、しなやかさをサポートしてくれることでしょう。

「ありのまま」の至福を、いつもそばに。

 生まれながらに輝きを放ち、ひとつとして同じ色や形で生まれることのない真珠。その本来持って生まれた力と、ありのままの姿は私たちに至福を与えてくれます。直接、真珠に触れることのできるブレスレット『心珠®の約束』は、いつもどんなときでも側にいてくれる存在。自分らしさがわからなくなったとき、心がブレそうなとき、自分に自信が持てなくなったときなどに「心珠」に意識を合わせたり、触れたりしてみてください。どんな自分でも「大丈夫だよ」と優しい光で応えてくれるはずです。
 「心珠」との絆を深めてご自身の本質を慈しむことで、一層の輝きへと導いてくれることでしょう。

「真珠×精麻」の祓い清め

 「自ら輝くものは、祓い清めの力が強い」として神道で大切にされてきた真珠と精麻(日本大麻の繊維)。清浄な状態をつくり、神性につながる力を宿しています。

潜在意識を「愛と調和」で調律♪

 古来、御守りや魔除けとして身に着けられてきたブレスレット。特に左手に着けることで、右脳や潜在意識に働きかけて力を授けてくれるとされています。
 「あなたは本来、いつでも“光”なんだよ」と伝え、生まれてきた意味を思い出させてくれる心珠の優しい輝き。それは、いつも寄り添い見守ってくれる祝福そのもの。
 シンプルでユニセックスなデザインのため、男性用としても◎。それぞれの輝きを一層の愛と調和へと調律するために、大切な方とペアで身に着けるのもおすすめです♪

『心珠®』シリーズについて

心珠®―ありのままの私―

母貝から生まれたままの姿をした「生珠」真珠。
『心珠®』シリーズは、虹の光沢をまとい、純粋無垢な赤ちゃんのように神々しい生珠アコヤ真珠をお届けします。

丸ごとの自分を慈しむ「珠」の輝き

 貝から「生まれたまま」の真珠には、ひとつとして同じ色や形、輝きをしているものがありません。私たちが「生まれながらに授かった個性」も十人十色です。真珠は、「あなただけが持って生まれた輝きを解き放とう」と伝えてくれる存在なのです。
 人と自分を比べたり、人の物差しで自分をはかっては落ち込んでしまう…。そんなとき、「心珠」の柔らかな光は、あなたが「本当は誰なのか」を伝えています。「ありのまま」の自分を慈しむことができるように。内なる強さも、弱さも丸ごと包み込むことができるように。『心珠®』は、ご自身の魂の輝きと共鳴してそっと寄り添い、見守り、力をくれるシリーズです。
 ご自身の心の珠を解き放つために。身に着けることで、いつも傍らで「どんなときも魂は輝いている」ことを思い出させてくれるでしょう。ご自身を慈しむように絆を深めてみてください。瞑想時の調律アイテムとしても、ご活用いただけます。

太陽と月――お互いの輝きが共鳴する。

 潮の満ち引きの中で育まれた真珠は古来、月を象徴するものでした。月の対の存在、それは太陽です。伊勢神宮では、天照大御神に捧げる御神宝として真珠が用いられてきました。対の存在である太陽と月が相互補完して完璧な輝きと力を得る、そのためかもしれません。太古より女性は太陽の化身。『心珠』を身につけることで、持って生まれた本来の輝きに力を与えてくれることでしょう。
 真珠貝は自然が豊かでなければ育ちません。森羅万象、八百万の神々が真珠をつくっているのです。だからこそ、身を守るものとしても非常にパワフル。神宮のある伊勢志摩の海で、世界で初めて養殖真珠が生み出されたのも、偶然ではなかったのかもしれません。

精麻―結紐―

神道で祓い清めに使われる精麻(日本大麻の繊維)「産霊(むすひ)」の力がここに。

 衣食住に欠くことのできない素材として、古来、生活と密着して使われてきた農作物、日本大麻。伊勢神宮のお札に「神宮大麻」と書かれているように、神道神事の中でも特別な役割を担ってきた在来種です。繊維そのものが輝いており、天照大御神の衣「神御衣」のうち「荒妙」を担ってきました。神道の儀式で最も大切と言われる「祓い清め」では、必ず大麻と塩が使われます。塩の言霊は「潮」。真珠は海の恵み、塩(潮)のメタファーなのです。祓い清めに用いるものとしてふさわしく、ともに輝きを放つ特別な組み合わせ。身につけることで、本来のご自身を封印するあらゆる穢れを祓い清め、しなやかに生きる助けとなってくれるでしょう。
 大変希少な国産手績み精麻糸による結紐は、天地を合わせて糸績みされた丈夫なもの。「結び」を繰り返すことで、万物を産み成長させるご神威「産霊」を呼び起こす意味も込められています。

※肌に親和性のある精麻製のため、お肌の弱い方にも軽いつけ心地で身に着けていただけます。


 

↑ ページのトップへ 

開発者の想い

 人類が初めて出合った宝石、それは真珠だといわれています。研磨という工程を必要とせ ず、生まれ出た瞬間から七色の光沢を放つ「奇跡の“珠”」は、古代人に感動を与えたに違いありません。アコヤ貝から生まれたままの生珠真珠が持つ「色」と「輝き」には、自然界からの贈り物のような、けがれのない美しさが宿っています。いのちによって生み出された色・形・光沢・大きさが、すべて違うのは当たり前。それは人も同じです。生まれながらに授かった光輝く個性こそ、その人だけに与えられた真の価値であり、その人にしかない命の輝き。せっかく持って生まれた色を否定して大勢と同じになろうとしたり、誰かと比べて自信を失くしてしまうのは、あまりにもったいないと感じます。

 私の先祖がおよそ130年前に養殖真珠を発明して以来、日本のアコヤ真珠は世界中の人々を魅了してきました。これまで真珠は宝飾品として物質的な側面がクローズアップされてきたのですが、私自身は「いのちの尊さや輝き」の象徴という本質的な意味をお伝えしていく役割をいただいているように思います。「しんじゅ」の言霊に、心の珠(魂)としての「心珠」という意味と、森羅万象の神性を宿した「神珠®」という意味や力が秘められていると直観したのも、伊勢神宮を擁する伊勢市で生まれ育ち、真珠に心を開き愛し続けてきたからかもしれません。
 皆さまお一人おひとりが生まれながらに輝く真珠のような存在であることを思い出していただくために、どの瞬間でもご自身の中心軸にチャンネルを合わせていただけるように『心珠®』シリーズがそのきっかけになりましたら幸いです。


 

↑ ページのトップへ 

近藤洋一よりメッセージ

 古代人は、「産霊(むすひ)」すなわち生命あるものを生み出し創り出すことが、神さまの最大のお役目であり、すべての生物が楽しく、いきいきと生きていく有様こそが最高の境地であると考えていたのだそうです。
 真珠という言霊には「誰もが輝く珠として生まれてきた」というメッセージが込められていて、そこには「産霊」のエネルギーが感じられるのではないでしょうか?神性が宿り、祓い清め、力を与える『心珠®のひとしずく』を身につけていただくことで、「本来の自分」を浮き出させていただきたいと願っています。
 「本来の自分」を生きると、人生がスムーズに流れていくと言われていますね。さらに思いがけない偶然に恵まれて、予期していないのに成果が上がるということが起こりやすくなります。“セレンディピティ”として知られている現象ですね。イメージの力が湧いてきますので、共時性(シンクロニシティ)に恵まれ、思ったことがすぐに実現する可能性が高くなることでしょう。
 お一人お一人が本来の輝きを十二分に発揮して、一度しかない人生を思う存分エンジョイされますことをお祈りしています。

↑ ページのトップへ 

『心珠®』シリーズ おすすめの使い方♪

対話する♪ ― 瞑想・内観時に

「心珠」は内なる子どものようなもの。ご自身の魂に優しく語りかけるよう慈しむことで魂本来の道へと導きます♪

触れる♪ 

ここぞというとき、いつでもどこでも「心珠」に意識を合わせて新たな気持ちで呼吸をしてみましょう。ブレスレットなら直接「心珠」に触れてみるのもおすすめです♪

響かせる♪ ― セルフヒーリングに

頭頂・額・喉・胸などのエネルギーセンターに響かせるように意識して、共振共鳴させましょう♪

↑ ページのトップへ 

商品をもっと知る!オススメ情報

  • 開発者インタビュー
    『心珠®』シリーズプロデューサー谷興征氏インタビュー

    母貝から生まれたままの輝きを放つアコヤ真珠が胸で揺れるたび、私たち自身が持って生まれた美しい色と輝きを

    詳しく見る >>

↑ ページのトップへ 

商品詳細/仕様

素材
【本体】
○生珠:伊勢志摩(英虞湾)産真珠
○精麻:栃木県産日本大麻紐(大麻博物館謹製)

【付属品】
○巾着袋:苧麻(ちょま)
珠の大きさ
8.0-9.0mm(8ミリアップ)
精麻紐の長さ
30cm(内周を約20〜27cmに調節可能です)
精麻紐のお手入れ方法
※精麻の紐は、真珠に水や洗剤がかからないように注意しながら優しく手洗いしていただけます。
※風合いが損なわれるため、蛍光増白剤や漂白剤が含まれる合成洗剤のご使用はお控えください。水洗いまたは無添加のせっけん洗剤をご使用いただくのがおすすめです。手洗い後は乾いたタオルなどで水分をよく吸い取り、自然乾燥させてくださいませ。
※精麻の結紐は、日本大麻という植物から繊維を取って糸をつくり、結んで紐にするまですべての工程が手作業です。績んだ糸をそのまま結っているため、固い感触が残っています。また、結紐から若干繊維も出ておりますが、着用していただくうちに柔らかな風合いとなり、なめらかになります。
※お手入れにも少しのお手間と愛情をいただけると精麻もよろこび、さらなる力を発揮してくれるでしょう。
ご使用上の注意点
※香水やオーデコロンがつくと真珠にシミができる原因になります。ヘアスプレーなどもホコリを付着させてしまいますので、必ずお化粧の後で身に着けてください。
※真珠の主成分はカルシウムのため、酸に弱いのが特徴です。お料理などの際、食酢・ドレッシング・果物のジュース・レモン汁などに触れてしまわぬようご注意ください。光沢を鈍らせる原因にもなります。
※真珠が酸に触れてしまったときは、水で濡らしたガーゼをきつくしぼり、真珠をまんべんなく拭いてから乾いたガーゼで水気を完全に拭き取ってください。最後に乾いた布(ネルかベルベットがおすすめ)で素早くカラ拭きをしていただくのがおすすめです。

【真珠に近づけてはいけないもの】
汗・酸・脂肪・化粧クリーム・ヘアスプレー・マニキュア・除光液・除虫剤(ナフタリンなど)・塩素系洗剤・温泉・紫外線・衝撃・火(900℃以上)
備考
※あえて宝飾品としての処理を施さず「アコヤ貝から生まれたまま」の輝きを大切にした商品です。
※すべて自然素材のため経年変化がありますこと、また実際にお届けする真珠と写真は若干異なる場合があります。ご了承ください。

お届けにお時間がかかる場合がございます。ご了承くださいませ。

※苧麻製の巾着袋は、1863年(文久3年)に創業された奈良県奈良市の「岡井麻布商店」製です。長年、麻織物に携わってこられた老舗の品でございます。

※紐につきましては手洗いをしていただけます。その際、真珠に水や洗剤がつかないよう極力ご注意ください。

紐の長さは、端を引っ張ることで調節可能です。

広告文責
株式会社 Total health design:0774-72-5889

↑ ページのトップへ 

この商品についてのレビュー

入力された顧客評価がありません。



この商品についてのレビューを書く

ログインしてレビューをお書き込みいただきました方のなかから、毎月8名様に最大300円クーポンをプレゼント!ぜひ商品の使用感やご感想などをお寄せください!
企画の詳細はこちら >>


※恐れ入りますが、ログイン後にお書き込みいただきますようお願いいたします。
※ログインには【WEB会員登録】が必要です。
※ログインせずにレビューをご投稿いただいた場合、個人の特定ができ兼ねるため、各賞の選考対象からは除外させていただきます。
※月間レビュー大賞の受賞者は、ご投稿の翌月月初めにこちらのページにて発表させていただきます。

レビューの投稿方法を確認する >

★「氏名」の欄には、ニックネームやイニシャルをご記入ください。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く